英語を学ぶということ


言語学者でもないのに、現在英国に留学しているということのみをもって、大上段に構えて英語論をぶつ、と言うのはあまり喜ばしくない態度であるように思われるが、勉強してもいまいち身につかない、という方々の参考に多少なりともなれば、という思いから、自分の体験に基づいたアドバイスのようなものを二、三書き連ねたい。通俗的になってしまうが、ご勘弁。

まず一つは、「きちんとした読み書き能力を身につける」ことであると思う。話したり、聞いたりすることも重要なのだが、たとえば二、三ヶ月ほど短期留学して培ったリスニングは、よほど確固たるものがなければ、すぐに耳から抜けてしまうように思われる。スピーキングも同じこと。会話は、英語の洪水の中に身を置けば生活の都合上比較的すぐに身につくが、それだけに忘れるのも早い。英語が自分の中に根を張るためには、英語的思考法を身につけねばならず、そのためには多く読み、多く書くことが一番の近道なのではないか。アカデミック・イングリッシュを読み書きする能力をいったん身につけてしまえば、それは英語力の根っこになるだろうし、根がしっかり張った植物はそう簡単には枯れないものだ。

それから、「文化を学ぶ」こと。コミュニケーションを取るためにはトピックが必要であり、そのためには共通の教養が必要だ。よく「海外に来て自分が日本を知らないことがわかった」と言う人がいるが、これは「話題として自国の話を提供する」というのが会話のテンプレートとして確立されているからだ。だから、日本文化について英語で語れるようにしておく、というのはよいアイデアかも知れない。英語は国際言語とはいっても結局のところ英米の言語であるから、これらの国で教養と見なされている西洋哲学一般(プラトンからデリダまで)の話は比較的通用することが多いだろう。特に、哲学や文学の書は質の高い英語で書かれているから、よい reading の体験にもなる。

最後に、会話の際、「主張する気概を持つ」ことだろう。英語によるコミュニケーションというものは、自分からメッセージを発しなければ、向こうから聞く姿勢を持った人間がやってくることはないと言っていい。日本語だと、自分の方に耳が向くのを待ってから話し始めるのが礼儀正しいように思われるが、英語ではそうでなく、無理矢理相手の耳をこちらに向けるくらいの意志が必要になる。疲れるが、仕方ない。

畢竟、「英語的に考えること」が英語上達のための一番の近道なのだ。英語的思考と日本語的思考というものは大いに異なるから、簡単ではないし、日本語的思考を忘れてしまっては本末転倒だが、どちらもきちんとバランスよく習得すれば、脳にとってはとてもよい栄養になると思う。小手先だけの英語でよい点数を取ることをめざすのではなく、根をできるだけおおきく広げることを考えるべきだろう。茎や根がひ弱では、咲く花も力に欠ける。

4 Comments

  1. 同じく広報なので読ませていただきました。中身の詰まったブログですね^^
    また読ませていただきます!

  2. knagayama

    2011-01-17 at 02:04

    こんにちは、宜しくお願いします。:)

  3. ”英語文化 英語で学ぶ”を検索していてやって来ました。
    アカデミックな内容の英会話や洋書を、はなせたりよめたりしたいと思っているので、とてもためになりました。

    お互いの国の文化の背景にまで突っ込んだ議論をしないと、ほんとうの理解にはならない気がしています。
    そしてまた、英語を使うのも、センスの問題もあるのではないかと。文法的に正しく、また、表現として正しくても、自分のなかに違和感があると、わたしは弾いてしまいます。。美的感覚というか。。

    でも、それで正しかった今までなので、頑張って行きます。
    高校の頃に多少不勉強で、先生に教わったものでそのままでは覚えたくなかった、文法に沿った表現集のなかの例文の表現を、自分なりに使い方をさがすべきだったとして今、覚えなおしています。。英語を読んで、そのときつかんだ感覚で、単語をつづって
    英語を書くのが好きです。つまり、おおざっぱな意味を思い出し、例文のコロケーションを思い出し、その意味合いにふさわしいか考えて、けっして直訳じゃなく、英語自身の発想でつづるやりかたです。

    こうして書いたときの英文は、たとえ意味するところが微妙に違っても、英文として直されることはまずないです。ネイティヴのチェックを受けたときにですね。。

    わたしは留学していないので、このくらいの勉強しかしていませんが、英語にどっぷり浸かるのはいいですね。ぜひ、本当の英語力をものにしてきてくださいませ^^

    わたしの英語勉強方法が、よいか少し迷っていたのですが、書いていて少しくっきり見えてきました。
    今回のトピックが今までのもやもやを晴らしてくださったので、一筆申し上げました。。

    ブログの言葉の綴りかたが、留学の英語の勉強法のコツの伝授とともに、文芸の香りがしたので、私自身の方向性と、もしかしたら似通っているのかも・・・と嬉しい期待をしつつ、御礼を申し上げたいと思います。

    ありがとうございます。これからもお勉強の方、頑張って下さい。

    ながながと乱文失礼致しました。  またの御機会がありますことを祈って。

    絵梨拝

    • knagayama

      2011-03-01 at 09:36

      ありがとうございます。拙い英語論ですが、少しでも参考になれば幸いです。絵梨さんの英語学習が素晴らしいものであることを祈っております。長山

コメントを残す

Your email address will not be published.

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

*

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑