米国の “Disappointed” はどれくらいの事態か


いくらか議論に混乱が見られたので、意味を明らかにする。

12 月 26 日の安倍総理による靖国神社参拝を受け、米国大使館はすぐに批判的声明を発表。その中で以下の表現が使われた。

the United States is disappointed that Japan’s leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan’s neighbors.

disappointed は大使館による公式の訳では「失望」という言葉が当てられた。かなり強い表現であるといえるだろう。しかし、以下のように論ずる記事も現れている。

disappointedってのはね、ツーカー同士が思った通りに動いてくれない時に発生する言葉で、信頼関係が以前からあって今も継続していないと使えないし、コンビ解消レベルのdespairとは違うのよ。

これは真実か。あるいは、そもそもこの disappointed という用語は、大使館によってどのような場合に使われるものなのか。

検証は容易である。"disappointed" site:usembassy.gov で検索せよ。

最初にヒットするのは最も近く発表された日本に対する声明であるが、二番目に来るのはロシアのミサイル計画に関するものである。

The United States is disappointed that Russia plans to deploy short-range missiles near the border with Poland and Lithuania, a State Department official says.

米国は、ロシアがポーランドとリトアニアの国境付近で短距離弾道ミサイルを配置することに対して失望 disappointment を表している。

他の用例としては、中国における人権をめぐる状況が 2003 年に悪化したことをめぐる声明や、ボスニアにおける改憲運動の失敗をめぐる声明がある。

ここから言えることは、他国政府の行動が、もともと米国が希望し、行動を起こしてきた方向とは異なるものであった場合に disappointed が利用されているということである。当該国と米国が「ツーカー関係」であるかに関係なく、あるアウトカムが米国の考える正義と期待に沿わなかったものである場合に使用されるのである。

さらに言えば、先程挙げた国のリストからもわかるように、通常は、この用語は第一級の同盟国に対しては利用されていない。例えば次のドイツに関するコンドリーザ・ライス元国務長官の声明を見てみよう。

QUESTION: Were the people of America disappointed because of Germany’s opposition to the war against Iraq?

SECRETARY RICE: Well, it is always hard when friends disagree and it is hard on people in both countries. But the good thing is that the foundation of our relationship, our values, are so strong that the relationship has re-emerged strong and vibrant and ready to look forward. It does not mean that there won’t be differences in the future, but I do hope that we can always start from the basis from what it is that we have to do together. If we disagree about tactics, that’s fine. But our goals should never be in question.

さっと訳す。

質問: アメリカの人々は、ドイツのイラク戦争に対する反対に関して失望しましたか。

ライス長官: まあ、友人の間で意見の相違が見られるときはいつも大変ですし、両国の人々にとってもそうです。しかし良い点は、我々の関係の基礎となる価値観の強さによって、我々の関係は再度強く、活気に満ちたものとしてあらわれ、未来を向いているということです。これは未来には相違が存在しないということではありませんが、私の希望は、我々が何をしなければならないかということについて、常に基本から共に始めることができるだろうということです。戦術に関しての意見の相違は問題ありません。ただ、目的は疑問符を付けられるべきではありません。

イラク戦争は米国の考える正義に合致したものであり、それに対するドイツの明確な反対は(質問が示唆するように)失望 disappointment を引き起こしても不思議ではないものであった。にもかかわらずライスはここで、「ゴールが共有されているのであれば、戦術に関して多少意見の相違が出ることは問題ない」という言い方で、事実上ドイツの反対を受け入れているのである。

筆者は他にも、イギリスやフランス、オーストラリアなどに関して失望を表している声明を探してみたが、うまく見つけることはできなかった。(追記:イギリスに関しては1件見つけた。末尾に追加してある。)

同盟国に対して米国が失望 disappointment を表明することは異例である。通常この用語は、ロシアや中国など、明確に敵対することは避けたいが、批判はしなければならないような国家に対して利用されている。だからこそ今声明は、最初に「日本は米国にとって同盟国である」ことを主張し、フォローを行っているのだ。

明確な敵国に対しては condemn が利用される。北朝鮮のミサイル発射ビルマのアウンサンスーチーに対する自宅拘禁刑宣告などである。ほぼありえないが、さらなるナショナリズムの高まりによってこのような言葉が声明に現れることだけは避けなければならない。

ちなみに大使館による声明で despair が他国の行動を咎めるために利用した例を見つけることはできなかった。


追記: イギリスに対するものを1件、カナダに対するものを1件見つけた。

どちらも米国にとってクリティカルなイシューに関するものだ。アメリカはとうもろこしの最大の生産・輸出国であり、その利権を守ることは米国農業にとって非常に大きな意味を持つ。また、ゲイリー・マッキノンは「史上最大の軍事システムハッカー」であり、NASA のシステムにクラッキングし続けた彼を裁くことは米国にとって非常に大きな関心であった。


追記2: 複数の方からイスラエルに対するものもあるという指摘を受けた。声明は Clinton, Prime Minister Fayyad on Aid to Palestinian Authority の中で、ヒラリー・クリントン国務長官の弁による。これはイスラエルが「東エルサレムのセンシティブな地域で新しい住宅の建設を予定していること」に対するものである。詳しくは本記事のふむ。氏によるコメントを参照していただきたいが、これは米国だけではなく関係各国の調停に対する努力を無視するもので、deeply disappointed というより強い表現になっている。また、日本外務省も批判的な談話を発表している。

26 Comments

  1. はじめまして。disappointedという言葉を米国政府が使ったことの意味合いについて、たいへん得心がいきました。
    なお「ビルマのアウンサンスーチー処刑」とありますが、これは処刑ではなく「自宅拘禁」であろうと思います。本筋とは無関係な細かい話なのですが、一応。

    • knagayama

      2013-12-28 at 14:24

      ありがとうございます。こちらのような正当な批判もありますので、ご参照ください。

      アウンサンスーチーに関してはその通りで、sentencing は刑の宣告であって、執行ではありませんね。変更しました、感謝いたします。

  2. Muto Stephen

    2013-12-28 at 15:43

    今朝の「サタズバッ」では宮家邦彦氏と孫崎亨氏が対談。
    チャイナスクールの孫崎氏は「disappointed」について「異例の表明」と語ったのに対し宮家氏は「非難でも抗議でもない」と相変わらず噛み合わない。
    「世界中を敵に回す」や「孤立」はマスコミの常套句だが、EUやロシア等の遺憾声明を含めると、これまでにない大きさの批判があったことは事実で、中国に配慮する(韓国はどうでもいい)諸外国の状況変化が見て取れる。

    • knagayama

      2013-12-28 at 18:10

      非難でも抗議でもないというのも、異例の表明であるというのも、両方真らしいですね。この反応を見た上で、今後どのような外交を政権が取って行くのかを注視したく思います。

    • >中国に配慮する(韓国はどうでもいい)諸外国の状況変化
      確かに今や多大な影響力を持つ中国を念頭においてのことでしょうが
      各社説やさまざまな発表を見るに中国韓国を中心としたアジア周辺諸国と言っていますし
      中国韓国だけでなくそれ以外のアジア含め、というか戦後の秩序を前提とした国際社会全体への危惧ですよ。

      御自身のその国への蔑視がまるで世界でも普遍的であるかのような願望を反映させなくていいですよ
      まさにそのような「靖国を問題にするのは中国韓国だけだ」っていう妄想を内輪で洗脳しあった結果が今回のこれなんですから。

  3. やれやれ

    2013-12-28 at 17:08

    イスラエルに対して、’deeply disappointed’と言っています。

    http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/u-s-deeply-disappointed-with-new-east-jerusalem-construction-plan-1.323664

    仮にアメリカが親イスラエル的であるなら、
    アメリカは親日的であると言えそうですね。

    • knagayama

      2013-12-28 at 18:03

      日本が米国の同盟国であることは間違いありません。

    • 「It is counter-productive to our efforts to resume direct negotiations between the parties」と、かなり強く非難しているように見えますね。
      挙げていただいた例を見ると、米国をはじめとする各国の外交努力をひっくり返された時にようやく使うほどの、よほどの表現なのだと言う事が理解出来ました。

      http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/24/dgk_1203.html
      その件については、外務省も(おそらく米国の談話を踏襲した)談話で「強い遺憾の意」を表明していますね。

      「国際社会の努力に明らかに逆行するもの」という表現もほぼ引き継いでいますし、言葉の重さを示す良い例かと思います。

      とても良い例を示していただいてありがとうございました!

  4. 内容自体も勉強になったけど、
    検証方法を学べたことがすごく有意義でした。
    そのあたりさらっと書かれてますけど、感謝します。

    • knagayama

      2013-12-28 at 18:07

      ありがとうございます。皆さんも是非過去の事例を検索してみてください。この記事で触れているもの以外にも、色々と出てくると思います。学術的にきちんと検証するには、過去の声明全てあるいは統計的に意味のあるランダムなサンプルを見ていく必要がありますが、この記事ではそこまでやっていませんので。

  5. 興味深いですね。
    一つ誤字があります。「上げる」ではなくて「挙げる」ですね。

    それからアウトカムをあえて結果と言わないのは理由があるのでしょうか。

    • knagayama

      2013-12-28 at 21:06

      ありがとうございます、修正しました。

      「アウトカム」は「結果」とは少し違ったコノテーションが有ると考えます。

  6. ただいたずらに人の不安を煽る深読みですね。
    アメリカ育ち故に日本語が所々間違っているかもしれませんが、少し言わせてもらいます。貴方がどういった背景をお持ちの方かは存じませんが、この様な屁理屈で英語を語るのは軽率なのではないでしょうか?Disappointed という言葉は裏も何もなく「希望していた物とは違った結果になった」という意味であり、異例、と言うほどの強い批判であるとは言い難いのです(そういう意味では引用されている despair 等と言っていた方も見当違いな事を言っていますね。大体 despair は絶望と直訳しただけかと)。
    恐らくはこれを読んでいる方は「Disappointの直訳ではなく政治的な第二義的意味を議論しているのに」と思うのではないかと予想しています。そこで指摘しておきたいのは、引用されているライス元国務長官の「声明」とやらにも問題があると言う事です。Disappoint が使われているのはライスの発言ではなく、あくまでも質問者の発言の中であり、アメリカ合衆国としての言葉遣いとは言えません。
    しかし、これもただの深読みなのです。アメリカが声明を出す時はなるべく理解しやすい簡素な言葉遣いで書かれていると思うのですが、この場合 disappoint 以外に簡単に牽制として使える言葉があまりありません(似たような言葉に dissatisfied 等がありますが、これは完全に相手を舐め腐っている、上から目線の発言。仮にも同盟国への言葉遣いではないように思えます)。
    結局今回の声明には「日本には周辺諸国とは問題を起こさないでいる事を望む。今回の安倍氏の行動はそれに反している」とアメリカ自身の希望を再度確認させる事と、同じような事態が続かないようにと「自称世界の警察としての責務」を果たしているに過ぎません。こう言う事で中国や韓国の敵意を自分から遠ざける意味もあるかもしれませんね。ただこれによってアメリカが日本に対して何か制裁を下すような事は到底あり得ません。安倍氏の靖国参拝については深く言及しませんが(今の状況で本当に正しい解釈などないと思います)、彼のこれからの行動や発言に注目ですね。正直それ以外はなんとも言えません。

    長々と失礼致しました。ただ、「米国にとってクリティカルなイシュー」やら「「アウトカム」は「結果」とは少し違ったコノテーションが」など日本語が少々不自由な私にでさえ明らかにオカシイ、と思える言葉遣いの無駄に格好つけたがる人に踊らされる事もないと思ってのことです。

  7. のんたろう

    2013-12-29 at 01:31

    初めまして、こんばんは。”disappointed” site:state.gov で検索しますと、また、色々ありますね。be disappointed というのは、ようは、「当方の期待とは異なる展開であって残念だ」、若しくはもっと口語的には、「止めておいてくれれば良かったのに」程度ではないかと思います。少なくとも、「二度とやらないでくれ」ではないですね。そう言いたければ別表現になりましょう。あとはまぁ、読解としては、disappoint だけに群がるよりは、http://japan.usembassy.gov/e/p/tp-20131226-01.html の全文を見る、てことでしょうか。

    • そうなんよね、文中では『日本とその周辺国は歴史の問題について〜』といって日本にだけ問題があるように言ってないし、文末には『総理の平和への意志を確認した』みたいな感じで、参拝について評価しているともとれる文面もあって、文章全体見ると中立的なのよね、部分的に抜き出して『批判した』みたいにされてるけど

      解釈によっては『日本は大切な同盟国です、参拝とかで周辺国が歴史問題をいうのは不快です、私たちは総理の参拝には周辺国が言うみたいな戦争賛美とかじゃなく平和への意志を見て取りました』という極めて日本よりの趣旨にもとれるのよね

      とくに最後の一文って、わざわざこんなん書くのは『靖国参拝は戦争賛美だ』とかいうようなこと言う連中への牽制だと思うよ

  8. 今日見た記事の中で韓国の経済破綻後の処理を日本に押し付けることができない状態になったことから「失望した」んだという推測記事がありましたが面白かったですね。靖国参拝とか慰安婦問題とかは何処の国もまともには受け止めてはいないということです。ただそれに乗っかって各国がメッセージを出すのはその裏の各国の思惑があるんではないかと思いますよ。

  9. 失望しようと落胆しようと構いませんが、引用している原文の直後に、The United States hopes that ~ つまり解決の糸口が書かれているのに、それをことさら無視して騒ぎ立てることに意味があるんですかね?
    こんな短い文章を一部分しか引用せず、日米関係改善にとって大事な所を省き、アメリカの期待を無視する騒ぎを拡大させ、アメリカの更なるdisappointを引き出したいのでしょうか?

  10. 挙げられたサンプルからすればご趣旨も成り立つかもしれませんが、基本的に、有意な結論を導くにはあまりにもサンプルが少ないと言わざるを得ません。実際、カナダとイギリス、それにイスラエルの例が発見されてしまって、「同盟国には使用しない」という論旨が崩れたものだから、「同盟国にこの表現を使用するのは、よほどクリティカルなイシューであることを示す」とか恣意的な条件が追加されてしまいました。ちょっとみっともないですね。こういうのは、いわゆる「筋が悪い」議論と言うのではないでしょうか。

    • knagayama

      2013-12-29 at 17:25

      サンプル数に関しては全くその通りで、既に述べたとおり学術的にきちんと検証するならば相応のやり方をする必要があります。きちんとした記事が書かれ、公開されることを望んでいます。

      ただ、本記事の論旨は「同盟国には使用しない」というものではありません。すっきりとした議論を最初から提供できないのは私の不勉強の故ですので、ぜひ筋の良い議論を wednesday さんが公開してください。

  11. 参考になる内容を読ませていただき、ありがとうございます。

    アメリカを含めた4カ国でですが、日本の捕鯨船出航に対して disappointed を
    含んだ声明が出されているようです。国内の別の例が参考になれば、と思い
    コメントしました。

    … (the governments of Australia, the Netherlands, New Zealand and the United States) are disappointed at the recent departure of the Japanese whaling fleet for the Southern Ocean.”
    http://japan.usembassy.gov/e/p/tp-20101213-02.html

    • knagayama

      2013-12-30 at 01:44

      ありがとうございます。たしかにこれは良い比較対象ですね。国際世論における捕鯨の扱われ方が理解できていると、より参考になりそうです。

  12. 2013/12/02 企業買収に関してオーストラリア政府に対し We are disappointed by the government of Australia’ s decision to reject Archer Daniels Midland’s propos ed acquisition of GrainCorp,” a State Department spo keswoman said.

  13. ・2013/12/02 企業買収に関して豪州政府に
    ・2013/11/22 EUとの協定締結を延長したウクライナ政府に
    ・2013/08/01 スノーデン問題でロシア政府に
    ・2013/06/23 スノーデン問題で香港政府

  14. 今さらのネタですが、私は、相手が自分の期待通りに行動しなかった時に発する言葉であり、相手に何かを直接要求したり、拘束する言葉ではないように認識していました。そして、メディアの過剰な反応に疑問を感じ、こちらのサイトにたどり着きました。
    もちろん決してpositiveなワードではありませんが、あくまで発言者の立場からの感想ととらえています。
    以前、米国企業の日本支社で働いていましたが、私たちも本社のボスと衝突すると、”I was disappointed”と言われてました。「がっかりだよ!」という感じでしょうか?
    しかし、「だけどね、日本側にはこういう事情があるんだから理解してよ」と説明すると、渋々ですが納得してくれました。釘は刺されますけど。
    ビジネスレベルで用いるのとは違うかもしれませんが、日米の関係性という点では似ているので、一言書かせていただきました。

  15. わかりやすい解説をありがとうございました。
    丁寧に検証されていて,とても感心しました。

コメントを残す

Your email address will not be published.

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

*

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑