まったく意外性のない話だが、さらっと訳す。BBC News – Governor of Japan broadcaster NHK denies Nanjing massacre である。

[追記]: The Guardian は、Japanese broadcaster’s board member praised ritual suicide of rightwinger と題して、百田氏の発言にも触れながら、長谷川三千子氏による右翼活動家の自殺を礼賛する追悼文を報道している。


NHK 経営委員、南京大虐殺を否定

日本の公営放送である NHK の経営委員が、南京大虐殺を否定。NHK 会長の従軍慰安婦をめぐる発言も記憶に新しい。

この発言は、百田尚樹氏によって、東京都知事選挙に出馬した右翼候補を支持する演説の中でなされた。

百田氏は著名な小説家で、12人いる NHK 経営委員の一人。昨年末、安倍晋三首相によって選出された。

朝日新聞によれば、百田氏は、「1938年に蒋介石が「日本軍が南京大虐殺をした」とやたら宣伝したが、世界の国は無視した。なぜか。そんなことはなかったからだ」と述べた。

戦争において虐殺はどちらの陣営によっても行われており、そのようなことを日本の子供らに教える必要はない、と彼は続けたという。

同新聞によれば、この発言は2月3日、東京での街頭演説中になされた。

この報告について、日本の菅義偉官房長官は、「報告は聞いているが、(個人的な意見の表明は)放送法に違反しない」と述べ、政府としてのコメントを避けた。

放送法は、政党の役員が経営委員になることを禁止しているが、党員に関してはこの限りではなく、他の政治的活動に対する制限もない。

百田氏の発言は、籾井勝人新 NHK 会長が、日本軍による慰安婦の利用は戦時中どの国でも行われていた、と発言した数日後になされた。

会長は「そういった女性は戦争をしている度の国にもいたし、フランスやドイツもそうだ」と述べ、国際的な怒りに関して「不思議だ」のコメントした。

その後彼は謝罪し、「ルールに関する理解を欠いていた。私の思慮不足で、あのようなコメントをしたことは大変不適切だった」と言った。

中国は、1937〜8年の冬に日本軍が南京入りしてから、およそ30万人の市民と兵士が殺害されたと主張。日本の歴史学者の中には、この数字に関して論争を行なっているものもいる。


日本の右傾化はどこまで行くのか。