「どうして解散するんですか」に関して


どうして解散するんですか?」なるサイトを、ある慶応義塾大学生が、小学生を騙って作り上げた、として炎上中である。

批判されるべき点は幾多もあろうけれども、何よりも批判されるべきは、問題提起をするのならば、何故質問をするにとどまったのか、という点にあろうと思う。曲がりなりにも大学生であるのならば、自分が問題提起を行う事象について、それが何故問題なのかを説明し、かつ、それを解決するためのアクション・プランを提示するべきである。すなわち、この解散が問題的であると思うのならば、単純に「どうして解散するんですか」と問うにとどまり、答えを見つける責任を読者に押し付けるのではなく、自ら、「なぜこの解散が問題的であるのか」を論理的に説明し、それに対してどのようなアクションを取ることができるかを明示するべきである。それを行わないうちは、まさしく小学生同然であって、政治は小学生が行うものではない。

800億円という数字が紙面を踊っているけれども、選挙に伴って発生する様々なコスト─そこには単純に経済的なものだけではなく、選挙中の意思決定の遅れなども含まれる─は、そもそも代表制民主主義に不可避のものであって、単純に金額の大きさに触れるだけではこの選挙の問題性を指摘したことにはならない

仮に、この解散は不当である─すなわち、法的に適正なプロセスを経て成立したものではない─という議論を組み立てるのであれば、まず、「そもそも内閣に衆議院の解散権は存する(べき)か」、そして「もしそうだとすれば、どのような場合において内閣は衆議院を解散することができる(べき)か」を論じ、この解散がそれに当たらないことを示した上で、最終的に、「どうすればその不当性を糾弾することができるか」─たとえば、署名─をサイト閲覧者に示すべきだった。そこまでやらずに、「ねえ、どうして解散するの?」と聞くだけなら、まったく、小学生でもできる。

1 Comment

  1. 同級生f

    2014-11-27 at 21:46

    「対案を示せ」という言葉をよく聞きますが、一般市民は政治家でも学者でもないので、おかしいと思ったことを表現するのは間違いではないし、対案なんか示す必要はないと思います。そうした疑問に答えるのがむしろ政治家の役目であって、この大学生が批判の対象になるのはおかしいと思います。
    大学生として、論理的に述べることは重要かもしれませんが、仮に文章がそういったものであれば、ここまでの反響はなかったと思います。「700億円かける意味あるの??」と問いたいことを世に広めたという意味ではある意味このやり方は効果的で、もし論理的に書かれていたら見向きする人は少なかったのではないでしょうか。

    ネットは誤った情報や、匿名もしくは経歴の詐称なんかは容易にできる場所です。もちろん詐称はいけないでしょうが、個人的には、小4です、と書かれていることを鵜呑みした人があまりに多いことに驚きを感じています。また、野党でこのサイトを引用してツイートした人の多さもさることながら、たかだか大学生がネットに掲載した文書について公式FBで取り上げて遺憾を示す総理のほうがよっぽど問題だと思います。

コメントを残す

Your email address will not be published.

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

*

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑