倫理について


「現実」というものは、そもそも、本来的には非-倫理的なものであって、それによって束縛されるということがない。

しかしながら、「だから、倫理というものは真剣に学として考える必要がないものだ」、という主張は誤りである。人間がこの「現実」と関わり、それを理解するためには、行動のフレームワークとしての倫理が必要なのである。何をなし、何をなすべきか、あるいは何をなすべきでないか、何をなさないか、それを決定するのは唯一倫理のみなのであるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください