タイのココナツ産業ではサルが奴隷的労働を強いられているという報道が見られる。わたしは実際にフィールドワークを行ったわけではないので一次的な観察はできていないが、ハワイ大学の人類学教授、レスリー・スポンセルの意見を載せておこうと思う。スポンセルは実際にタイ南部で人類学的フィールドワークを行っており、サルと人間の間の関係性に関して論文を出しているようだ:

2002 “Monkey Business? The Conservation Implications of Macaque Ethnoprimatology in Southern Thailand,” (with Nukul Ruttanadakul and Poranee Natadecha-Sponsel) Primates Face to Face: The Conservation Implications of Human-Nonhuman Primate Interconnections, Agustin Fuentes and Linda Wolfe, eds., New York, NY: Cambridge University Press, pp. 288-309.

2004 “Coconut-Picking Macaques in Southern Thailand: Economic, Cultural and Ecological Aspects” (with Poranee Natadecha-Sponsel and Nukul Ruttanadakul) Wildlife in Asia: Cultural Perspectives, John Knight, ed. New York, NY: Routledge/Curzon, pp. 112-128.

スポンセルは、NPRの取材に応じてこう語っている:「わたしたちがタイ南部にいた間、サルに対する虐待や搾取を目にすることは一度もありませんでした。サルはペットに非常に近いもので、幾つかの家では既に家族の一員とまでなっていました。若い猿は訓練され、首輪がつけられ、仕事をしていない時はシェルターに入れられます。彼らは餌と水を与えられ、風呂に入れられ、毛並みを整えられるなど、様々なケアを施されます。ココナツのプランテーションでは、しばしばモーターバイクやカートの後ろに座っているのが見られます。もちろんこれは虐待が全く無いということではありませんが、わたしは家族を助け、生き延びようとする貧しい農民たちを尊敬しています。」

よく訓練されたサルは、1日に平均して1000個のココナツを拾うことができるという。聞いた話だが人間は80個らしいので、労働効率は大きく違うようだ。

原文は What’s Funny About The Business Of Monkeys Picking Coconuts? – NPR で読むことができる。