インターネット上で記事を読んでいたり、あるいは仕事の場でディスカッションをしていると、議論を行う際、きちんと手続きを踏んでいないために、そもそも議論として成立しない、ということがしばしばあるように見受けられる。よって、自らに対する覚書の意味も含めて、議論を建設的に行うための作法を書き残しておく。

1. 何について議論しているのかを明確にする

建設的な議論を行うためには、概念の明確化が必要である。しばしば起こるのは、何について議論しているのかを明確に共有していないがために、ある人はりんごについて話していると思っていたところ、別の人はフルーツ一般について話していると思っており、またある人は特定のりんごの品種について話していると思っている、といったような食い違いが発生しうる。これはまだ概念の粒度の差異であるからまだ良いが、場合によってはひどい勘違いの末、ある人がりんごについて話していると思っている時に、別の人は赤い風船について話していると思っている、ということすらありうる。

2. 何を目的として議論をしているのかを明確にする

目的なき議論は不毛である。もちろん、そういった議論のための議論を行うことが楽しい場合もある。しかしその場合は、「不毛な議論をして楽しむ」ことがこの議論の目的である、ということが共有されていなければならない。通常であれば、例えばあるアクションを取るか否かということ(このプロダクトをローンチするかどうか、どの政党に投票するべきか、どこに旅行に行くべきか…つまり選択肢乙と選択肢甲のどちらを選ぶべきか)を決定するということが議論の目的となるだろう。

3. ある立場がどのような視点を持っているかを明確にする

ある視点からは選択肢乙を選ぶべきという結論が出てくる一方で、ある視点からは選択肢甲を選ぶべきという結論が出てくるということは十分にありうることである。例えばコストパフォーマンスのよいリラックスできる旅行をしたいから近場の温泉に行こう、という選択がありうる一方で、贅沢に羽目をはずす旅行がしたいから海外のカジノに行こう、という選択もありうる。ここで重要なのは、どのような視点で、どのような選好に基づいてある選択肢がよいと言っているのか、を明確にすることである。そうすると結局、どちらの視点がより重要なのか、すなわち、コスパと贅沢さのどちらがより優先されるべきなのか、という議論である、ということに気づくことができる。

4. 結語

世界は複雑である。又人間社会は更に複雑怪奇である。吾々はそれを認識し、常に結果的に最善となりうる選択を取ることが実質的に不可能であることを認めた上で、なお、結果的に最善となりうる選択を取る確率をできるだけ上げるためにどのような手段を尽くすべきか、ということを考えなくてはならない。議論はそのために非常に重要なツールである。きちんとした手続きを踏んだ上で建設的な議論を行うことによって、少しでも世界をよりよい場所にすることができるだろう。健闘を祈る。