「現実」というものは、そもそも、本来的には非-倫理的なものであって、それによって束縛されるということがない。

しかしながら、「だから、倫理というものは真剣に学として考える必要がないものだ」、という主張は誤りである。人間がこの「現実」と関わり、それを理解するためには、行動のフレームワークとしての倫理が必要なのである。何をなし、何をなすべきか、あるいは何をなすべきでないか、何をなさないか、それを決定するのは唯一倫理のみなのであるから。