TagCulture

米国勤務雑感

米国カリフォルニア州に移動して九ヶ月ほど経過し、色々とわかってきたこともあるので、雑感をまとめておく。

わたしは基本的には同一の会社内で、東京支社から本社へと移動した。東京支社では同僚のほとんどが日本人であり、労働現場での共通言語は日本語であった。当然ながら米国ではそのようなことはなく、ずっと英語である。そのためか多少英語が上達したと思う。以前はある話題について何を発現するか事前に脳内を整理し、処理しておかなくてはいけなかったが、現在では多少なら思考しつつ発話することが可能になった。

労働はしやすい。大変風通しのよいチームで、自宅勤務 (WFH) も必要に応じてすることができる。日本では勤務態度について厳しいコメントをされることもあったが、米国では比較的まじめに職場に来ている方であると思う。これはもちろん、企業、さらにはチームによるであろうから、一般化はできない。私の場合には、ということである。

大変興味深い住宅事情や、地形・気候などの地理学的洞察についても書きたいが、トピックをあえてひとつに絞るならば、「どのような人間として評価されるか」ということが大変に変わった、ということを特筆すべきであろう。

わたしが務めている会社では、ピア・レビューといって、共に働く同僚に「この人間はこの点がよく、改善点はこうである」、などといったフィードバックをお願いする制度がある。その際に偉えるフィードバックは、第一には自己にとっての最適化目標を提示するものなのだが、他方ではその職場環境がどのようなものであるかについての知見を提供してくれる。日本では、わたしが得られるフィードバックの大半は、「論理的なところがよい。コミュニケーションのとりかたをより改善すべき」というものであり、同じような意見を得ることをある程度期待していたのだが、米国で得られたものは全く異なるものであった─同僚の大半が、わたしを「実行力があるところがよい」と評価し、「論理的」、あるいはそれに類した評価を下した人間は一人もいなかったのである。そのような意見は、日本滞在時には見られないものであった。

特に仕事のスタイルを大幅に変えたという自覚はない。当然ながら環境に影響されて無自覚的に行動パターンは変化しうるのであるが、これはどちらかと言うと、そのチーム、職場の環境がどのようなものであるか、そこで何が望ましい、あるいは望ましくない行動として捉えられているか、という認知の構造を表しているものであるかのように思われる。

同一の会社内でオフィス間を移動するだけで大きな変化が見られるということは、多国籍企業を経営していくということの困難さを端的に表している。特にいわゆる「外資系」企業においては、本社が重要視する文化や価値観というものを、いかにして他国で醸成してくか、という大きな課題があるように思われる。当然ながら、それを諦め、現地流の経営に任せる、というやり方もひとつの解ではあるのだが、支社内で何が起こっているかがブラックボックスになってしまう危険も伴う。この辺り、経営学などの分野においては既に先行研究がありそうだ。

BBC: 何故日本は児童ポルノ漫画を規制しないのか

これは、BBC – Why hasn’t Japan banned child-porn comics? の全訳である。正確性は保証しない。


日本の「マンガ」や「アニメ」は巨大な文化産業であり、世界中で有名になっている。しかし、その中には、児童を含む卑猥な表現をするものがある。何故日本はこのような表現を禁止しないのか?

日曜日の東京。同人誌即売会、サンシャインクリエイションには、幾千のマンガファン─ほぼ全員男─が集まり、ところ狭しと並ぶ机の上に置かれた同人誌をチェックしている。

妖精のような顔と大きな目をしたマンガの女性たち。多くはほぼ服を着ておらず、現実的にはありえないプロポーションをしている。洞窟のようなこの空間を、彼女たちが彩っている。

「このエリアは18禁です」とイベント主催者のヒデ氏は語る。

あるテーブル置かれている同人誌の表紙には、トップレスの少女が二人描かれている。わたしの目には、彼女たちは10歳〜15歳であるように見える。彼女たちは物語の中で、性的な行為を行っている。

他のテーブルも同じようなものである。英国やオーストラリア、あるいはカナダでは、確実に論争的、あるいは違法とみなされるであろうものが、ここでは問題なく売られている。

「児童虐待はよくない、それは常識です」とヒデ氏は言う。「しかし、その感情を持つこと、児童との性的な関係を夢想し楽しむこと自体は違法ではありません」。

彼の率直さはわたしを驚かせる。彼は「ロリコン」なる言葉─「ロリータ・コンプレックス」の略である─を導入する。これは、少女たちが卑猥な表現に巻き込まれるマンガの総称である。近親相姦、レイプ、その他のタビューを含むこともあるが、ヒデ氏はどちらかといえばハイスクール・ロマンスが好みだという。

「少女を含む性的創作物は好きです。ロリコンはわたしの趣味の一つです」、と彼は言う。

わたしは隣にいた彼の妻が、その「趣味」についてどう考えているのかを聞いた。

「問題無いと思っているでしょう」、と彼は言う。「彼女も少年たちのセックスが大好きですから」。

このような創作物は、一年に 3.6 億ドル(4.3 兆円)を生み出す日本の巨大なマンガ産業のちいさな一部分にすぎないが、多くの注目と論争の的になっている。

2014年6月、実際の児童に対する性的虐待を写した(訳者注: いわゆる「三次元」の)画像の所持を禁止する法律が日本では可決された。このような画像の生産及び牌譜は既に1999年に違法化されていたが、日本は OECD 加盟国の中では一番遅く、所持の禁止に踏み出すことになった。

同時に、マンガやアニメ、ゲームにおける、18歳以下に見えるキャラクターを含む「バーチャルな」性的画像を違法化することも検討された。しかし数多くの論争の後、日本の議会はこれを放棄。その決定は、(特に、海外の)児童保護団体やNGOから多くの批判を浴びることになった。

理解のための一つの鍵は、ヒデ氏は、我々が出会ってすぐに、彼の「趣味」を語ることになんの抵抗も持っていなかったということである。少女を含むマンガはある程度の社会的なスティグマを伴うようだが、未成年を含む性的な創作物はかなりメインストリームであるといえる。

日本の立法者は、おそらく、数多くのマンガファン─数百万にもなるかもしれない─の行為を違法化することにためらいを覚えたのではないか。

ヒデ氏のようなファンは、彼らは単に何ら危害を加えないファンタジーを楽しんでいるだけだという。児童モデルや女優は一切関わっていないから、「このようなマンガを創ることによって児童虐待は行われていない」のだ。

しかし、ファンタジーと現実との境界は常にそのように明確だと、どうして言えよう?

東京の秋葉原地区はマンガ世界の精神的な中心である。そこではネオンサインとポップ・ミュージックが眼と耳を圧倒させる。街には複数階を使った本屋が溢れ、ここならば、どんなトピックに関するマンガも見つけることができる。

その18禁部分では、「ジュニア・レイプ」や「ジャパニーズ・プリティーン・スイート」(役者注: あえて訳していない)といったタイトルのマンガを見つけ出すのは難しくない。

「何かに性的に興奮しても、すぐに慣れてしまいます」とアダルトショップで働くトモ氏は言う。「だから彼らは、常になにか新しいものを探しています。そこで、若い、未成年の女性に興奮するのです」。

批判者たちを憂慮させるのはこの点においてである。このようなマンガを創る中で仮に誰も傷つけられていなかったとしても、それは性的虐待を規範化し、促進させ、リスクを増大させるのではないか。

これが本当であるかは誰にもわからない─研究は未だ明確な結論を出していないのだ。しかし日本人の、特に女性たちは、このような自体を憂慮している。彼女たちは、このような画像を、しばしば女性の地位を貶めるようなエクストリームなポルノグラフィや、若い人々の性愛化に注意の目を向けない社会の一部であると考えているのである。

日本において若さへの強い興味を発見することは簡単だ。少女たちによって構成されたポップ・グループが成年男子の群衆に向けて演戯を行っている。ビルボードから広告、マンガに至るまで、女子高生のイメージはいたるところにある。

若い女性に向けた本を幾冊も書き著名になったリリー氏は、高校時代、男性が近寄ってきて、靴下やパンティーを購入すると言い出した時のことをわたしに語ってくれた。

「最低だと思います。変態です」、と彼女は言う。未成年とのセックスは、「強い、独立した女性に疲れた男性たちが実現したい権力の問題である」、と彼女は言う。

リリーの親の世代に有力だった家族のモデル─金を稼ぐ父と、家事をする母─は、未だに日本で強い力を持っている。しかし、日本の経済が弱体化するとともに、これを男性が実現することは難しくなった。

「彼らはビジネスでうまくいっていないので、ロリコンマンガの空想に走るのかもしれません。」

「わたしはそれを憎んでいます。本当に。日本から変態さを無くしたい─少なくともこどもたちをそこに含めないで欲しい。」

しかし、特に性的なファンタジーに関して、何が「よい」のか、何が「適切」かについての見解を政府が提供し、強制することの是非を問う人間もいる。

「批判すること自体はかまいません」とマンガ翻訳者であり、自由な言論の支持者であるダン・カネミツ氏(訳者注: 兼光ダニエル真氏)は言う。「しかし、ある人がどのように行為し、何を考えているかに基いてその人を取り締まる権力を政府に与えてしまうと、思想警察になってしまいます」。

では、彼は、少女たちや、レイプや近親相姦といったタブーを描く漫画家たちの権利のために立ち上がるのであろうか?

「わたしはそれらを好みませんが、他の人がどのように考え、何を共有した以下について、どうこう言う権利はわたしにはありません」、と彼は言う。「他の人の人権を傷つけないのであれば、一体何が悪いといえるのでしょうか?」

秋葉原のマンガショップの中で、児童保護団体のカズナ・カナジリ氏は、マンガやアニメよりも大きな問題であると彼女が考えているものを見せてくれた。メインストリートから外れ、階段をのぼると、DVD ばかりが置かれた部屋がある。

カズナ氏はそのうちの一つを棚から取り、見せてくれた。そのカバーには、露出度の高い水着を着て、大人のように性的なポーズを取る少女(5歳だという)の写真がある。他の DVD も、すべて、実際の子供が登場する。

「子供たちがかわいそう」、とカナジリ氏はいう。

「ジュニア・アイドル」ものと呼ばれるこれらの DVD は、1999年に児童ポルノが違法化されて以降人気を博した。子供の性器が隠されている限り、違法ではない、という解釈だったが、カナジリ氏は、去年の6月に法が強化されて以降はこれらも違法になったという。

「こういったものを作っている人は、適切な処罰を受けるべきです」、と彼女は言う。「こういったものは全く違法ですが、警察はまだ取り締まっていません」。

マンガやアニメにおける児童に対する性的表現はショッキングであり、注意を向けやすいが、カナジリ氏ら活動家は、今のところ、実際の児童を保護する、より重要な闘争に集中している、という。

しかし、こういった論争的なマンガやアニメ表現の禁止を全く諦めたわけではない。

「全て消えて欲しいのです」、と彼女は言う。「2020年には、日本にオリンピックが来ます。その時までには、日本が変態の国と呼ばれることのないようにしたいのです」。

マンガの支持者たちは強く拒否する説明であるが、オリンピックが近づくに連れ、海外の目が日本に向けられる。そうなれば、マンガやアニメを「ウィアード・ジャパン」ではなく、「クール・ジャパン」の一部にするための圧力はより強くなるであろう。

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑