TagNorway

アンネシュ・ベーリング・ブレイビク: ネット世界の狭いビジョン

以下は、トマス・ハイランド・エリクセンによる Anders Behring Breivik: Tunnel vision in an online world の全訳である。エリクセンは、ノルウェーの人類学者。ナショナリズムやエスニシティにかんする書籍を多数著しており、ブレイビクの1500頁にわたる「マニフェスト」で、唯一「ノルウェーの堕落の象徴」として名指しされた学者である。このエッセイは、インターネットによる選択的な情報の摂取がブレイビクの狭い世界観を形成したのであって、より広い目で世界を見るために新聞などの紙媒体で情報を収集することが重要だ、という論調になっている。その内容そのものに対しては色々と思うところがあるが、ノルウェーにおいて先の事件についてどのような言論が展開されているかを表す文章ではあると感じて訳すことにした。訳の正確性は保証しない。

アンネシュ・ブレイビクの世界観は、オンラインゲームと反イスラームのブロゴスフィアによって形成されたものと言えそうだ。社会が分裂していることを良く表している。

ノルウェーの警察がそこまで極右の活動に注意を払ってこなかったのには理由がある。単純に、そこまで目立っていないのだ。ノルウェー国内で極右を自称している人間は40人と予想されている。

しかし、ブロゴスフィアの暗部に詳しい人間ならば、インターネット上で激しい憎悪をまき散らしている存在に何年も前から気付いていた。「腐敗した多文化主義のパワー・エリート」を批判し、特にムスリムの移民について侮辱的な一般化を行う言論を生み出す人々である。

これらのウェブサイトやブログ、チャットグループに書き込みを行っている人間は、単に「右翼」というわけでは不十分である。「イスラーム化反対フォーラム」のあるメンバーは、同時に社会主義左翼党の党員でもあった。他の人々も、自らを社会民主主義的可知の体現者と見なしたり、啓蒙の火を燃やし続ける最後の砦だと主張したりしている。もちろん、より定型的な右翼的観点を保持している人々もいる。レイシズムをあらわにする者から、西欧をムスリムが計画的に乗っとろうとしているとする陰謀論者まで。毎日書き込みを行うものもいれば、月に一回やってくるものもいる。彼らが形成する緩やかなネットワークは、その数を予想することを困難にしている。

これらの人々が共通に持っているものは、まず、多様性の擁護者たちに対するルサンチマンである。これらの「エリート」は「反逆者 traitors」、「売国徒 sellouts」、「ナイーブな多文化主義者 naive multiculturalists」と呼ばれる。イスラームは西洋の民主的価値とは相容れない、ということも広く信じられている。この観点は、15万のムスリム人口(しかも増加中)を抱える国にあっては非常に問題だ。そのような考えがどれほど人口に膾炙しているか知るよしもないが、無力で無害なものとして片付けてしまうことはもはやできない。

今回、ブレイビクがはやりの服と髪型で着飾り、オスロのウェスト・エンドから来た国産のテロリストである─髭を生やした外国産のテロリストではない─という事実は、単に上記のネットワークのより詳細な検討のみではなく、ノルウェーの自己イメージそのものに対する冷靜な、しかし批判的な省察へと繋がるべきだ。ノルウェーという国の成員となるためには、宗教や肌の色はまったく関係がない、ということを我々のリーダーが明確にすることは多くを安堵させるだろう。1905年から1957年まで王位に就いていたホーコン7世は、自身が「共産主義者の王でもある」という有名な台詞を残した。ハーラル5世もまた、自身が「ノルウェーのムスリム、シーク教徒、ユダヤ人、そしてヒンドゥ教徒の王でもある」ことを明確にすることが、現在の状況に対する最善の応答となるだろう。それは言うまでもないことなのかも知れないが、このような言明は、強い排外主義と宗教的偏見がことばを失うほど凄慘な行為の思想的なインスピレーションとなってしまった今日の空気を少しでも清淨化する機能があるはずだ。

どんな国も、ある程度の繋がりが必要だ。それが実際にいかほどのものかは、正統な議論の対象とすることができる。文化的多元主義は国の分断と信用の失墜へと繋がると考えるものもいるだろう。それはある場面ではそうかも知れないが、常に真実であるわけではない。教育や住宅供給、仕事といった共通のインフラや制度がきちんと公平に機能する限り、社会は多様性を受け入れながら存続することができるはずだ。しかし、我々が対話を止めてしまった瞬間、崩壊は忍び寄ってくる。これが、ブレイビクとそのシンパたちに起こったことだ。彼らはインターネット上で別の現実を作り上げてしまったのだ。

インターネットによる公共圏の分断は学問上及びジャーナリズム上の関心事となってきた。ここ最近では、エリ・パリサー Eli Pariser の The Filter Bubble が、いかにして Google や Facebook といったインターネット企業が、我々のウェブ検索やアップデートを、ユーザープロフィールや過去の検索履歴に基づいてフィルタしているかをよく描き出している。私が環境保全主義者であれば、Google で「気候変動」と検索した際、石油会社の重役であるあなたとは異なった結果を得る、というわけだ。このフィルター・バブルはたとえば Amazon でも最適化されたオススメを表示したりする。知らない間にそれは我々のウェブ検索の背後で動作し、我々が気付かぬうちに既存の世界観の再生産を促すのだ。結果、我々はお互いにはぐれてしまい、異なった世界に住むことになる。

ブレイビクは自らイスラモフォビアや極右的なウェブサイトによって洗脳されることを望んだのだろう。けれども、もし彼が情報を新聞から摂取していれば、そこにはヨーロッパの自信の失墜や軍事的イスラームの勃興以外のニュースが記載されていただろう。あの週末の衝撃と不信から一つ学ぶことがあるとすれば、文化的多元主義は国民的な団結に対する脅威とは必ずしもならないかも知れないが、インターネットを通じた選択的な情報の摂取から得られる狭い世界観は脅威となる、ということである。

オスロ・テロリズム: 犯人は反多文化主義のノルウェー人極右

先週の金曜日に発生して欧州を騒がせたオスロのテロは、最終的に、反多文化主義のノルウェー人極右が単独犯で起こしたものであると言うことのようだ。事件の様相に関しては、以前まとめた二つの記事を参照してほしい。

事件発生当初、情報がまだ出回っていなかった頃は「イスラームの国際テロ組織アルカイダの犯行ではないか」という反応が大勢を占めていた。しかし、「拘束された男が白人である」という情報が入ってからは徐々に趨勢が変化し、最終的にはノルウェー人による単独の犯行であると言うことが一日たつとほぼ確定した。以下、いくつか興味深かった事実を覚え書き程度に記しておく。

「テロリスト」か、「銃撃犯」か?

日本の報道機関は多く「テロ」と名指して報道している(例:asahi.com:移民・イスラムに敵意 ノルウェー、テロ容疑者大量声明 – 国際)が、英語で手に入る情報は多くが「ノルウェー銃撃事件 Norway shooting」や「ノルウェー攻撃 Norway attacks」という名称を利用している(例:BBC News – Norway Attacks)。当初は英語のものも「テロ」として報道されていたことを考えると、これは非常に興味深い現象である。少し穿った見方をすれば、「ムスリムが行えば彼はテロリストだが、白人が行えば彼は銃撃犯と呼ばれる」ということである。

ウトヤ島

犯行がウトヤ島で行われたということはかなり象徴的な意味を持っているようである。Savage Minds の記事によれば、ウトヤ島は労働党の青年支部 (AUF) によって所有され、現在の首相であるイェンス・ストルテンベルグ氏も青年時代サマーキャンプをここで行ったことがあるという。数百人もの政治的意識を持った若者が政党の主催するサマーキャンプに参加すると言うことは、イギリスではもちろん、日本では考えにくいことである。

北欧におけるナショナリズム

あまり日本では知られていないことかもしれないが、北欧諸国は非常にナショナリズムの強い場所である。人類学で言うバナル・ナショナリズム─日常において幾度も現れ、そのたびに再強化されていく類のナショナリズム─が強烈に存在する。国旗の掲揚や北欧内部での対抗意識もそうであるし、何よりも「小さな国ノルウェー」という意識がとても強い。今回の事件を受けた言説にも、そのようなバナル・ナショナリズムがよく見て取れる。それは、同じナショナリズムとは言っても、東日本大震災以降の日本におけるそれとは多少性質を異にするものである。

多文化主義への反発と欧州的文脈

アンネシュ・ブレイビクの犯行は、彼が記した長い長いマニフェストで示されているように、多文化主義への反発が根本にある。すなわち、これは親イスラームではなく反イスラームによる犯行なのである─当初多くの分析官が考えたこととは真逆である。ブレイビク容疑者は多文化共生の考え方を憎悪し、そのような政策を自らのマニフェストの中では「文化的マルクス主義」という言葉で批判している。その一方で礼賛されているのが日本である。Japan Probe の記事によれば、彼の組織「テンプル騎士団 Knights Templar」が理想とする社会は「日本および韓国、あるいは台湾モデル」で、社会の同質性に基礎を置くものであるという。

欧州における右翼勢力の増大は幾分か前から問題になってきてはいたが、この事件はそれが一つの臨界点に達したものと見ることもできるであろう。最近になってイギリスのキャメロン首相やドイツのアンゲラ・メルケルなども以前からの多文化主義的な政策を批判し、英国においては移民への規制がますます強まっている(ところでこの路線で修士課程を修了した学生に対する Post Study Work Visa が撤廃される。私はギリギリ申請できるが、2011年入学の学生は申請が不可能になってしまう)。次回のフランス大統領選では国民戦線のマリーヌ・ル=ペン(娘)が有力候補という。この事件は、このような文脈の中に位置づけて紐解かれなければならない。

すなわちこれは、単なる「頭の狂ったローン・ウルフ」による犯行なのではない。これはデュルケム的な意味で「正常」な犯罪であって、社会全体の傾向を示すものとして分析されなければならない。今後、益々欧州情勢の注視が必要であろう。

続報: オスロ爆発・銃乱射、死者100人近く、犯人は極右の男か

オスロ事件から一夜明けた欧州。大分日本語の情報も揃っているようだ。以下、覚書。

Oslo bombed building

犯行はノルウェー人極右によるものであることがほぼ確定しつつあるようだ。容疑者の名はアンネシュ・ブレイビク、32歳。17日には Twitter アカウントを開設し、以下のようなツイートを残している: “信仰を持つ一人は、利害しか持たない十万人と同じ力を持つ。”

オスロ市内の爆発の方は、車に搭載された爆弾によるものであるらしい。こちらの方がテロとしては大規模のように思えるが、そちらは様々な幸運が重なって死者は最終的に7人というところで落ち着いたようである。しかし銃乱射の方はかなりひどい状況で、現在(英国時間 BST 23 Jul 06:00)BBC が報じている限りでも80名以上の死者が出ているという。事件発生当時は労働党の青年大会が開かれており、何百人という人間が小さな島に集結していた。またストルテンベルグ首相の講話もある予定だったという。犯人はオスロでの爆発に関係したチェックを行うと言って人を集めたところに銃撃を放ったと報道されている。

何にせよ、国際テロの線はほぼなくなり、国内の、それも単独犯による犯行である可能性が随分と強まってきた。昨日犯行を認めたとされるムスリムの団体は「そもそも存在しないかも知れない」とまで言われている状況である。New York Times の報道は、「単独の政治的過激主義者」による犯行であると断定している。どちらにせよ、政府は日常的な警備体制の大幅な再検討が必要である。ノルウェー国内にどのような右翼勢力が存在するのかについては私の臆見を書き連ねるよりも専門家のレポートを待った方が良いであろう。それが英語でしか存在しないようなら、また翻訳を行いたいと思う。

[追記 BST 07:06]New York Times がかなり秀逸な犯行現場の図解を提供している。Scenes of the Attacks in Norway – Graphic – NYTimes.com

リンク

速報: ノルウェー首都・オスロで爆発、続いて銃撃事件、計17人が死亡

日本語の情報が少ないようなので、手早くまとめておく。犯人にかんする最新の情報については、続報: オスロ爆発・銃乱射、死者100人近く、犯人は極右の男か | The Long Wait を参照して欲しい。

7月22日の昼下がり、ノルウェーの首都、オスロで爆発があった。狙われたのは政府のビル。首相のオフィスが入った建物も爆破された。現在(英国時間 BST 21:00)確認されている限りで7人が死亡、少なくとも15人が重軽傷を負った。金曜日であったため既に職場を離れている職員が多かったため死傷者は通常より少なかったが、それにもかかわらずこれは第二次世界大戦以来最大の事件であるという。首相は爆発が起こった際オフィスにおらず生き延びた。動画は爆発直後のオスロ。

その後、ウトヤ島で行われていた政権党である労働党の青年集会で銃撃事件が発生した。ここでは10人が死亡。逮捕された犯人は警察官に変装しており、市内の爆発の現場にもいたことが確認されている。地図はウトヤ島の場所。

大きな地図で見る

犯行がどのような組織あるいは個人によって、どのような意図で行われたのかは未だ判然としない。国際テロであるならば、アルカイダが以前から犯行を予告している国家のうちにノルウェーも入っているということである。ムハンマドのカリカチュアを描いた問題や、アフガニスタンでの作戦に関わった過去がノルウェーにはある。しかし、これらの事実は決して確定的とは言えないし、政府機能と直接的には関係のない労働党関連の組織を狙ったという事実から、国内の反政府組織である可能性もある。BBC の情報によれば、銃撃の犯人はノルウェー人とみられる白人によって為されたノルウェー人であることが確認されたということであるが、これがどのような事実に結びつくかは未だ明瞭ではない。現在のところ、判断を可能にする十分な情報はあるとは言えない。

[追記4 BST 22:00]首相の談話では、どのような集団がこの事件に対して責任を持つかは明示されなかった。

[追記3 BST 21:44]現在ノルウェーでは厳戒態勢が敷かれており、外出及び携帯電話の利用を自粛することが推奨されている。

[追記2 BST 21:40]現地の新聞である Nationen によれば、警察は、「これはテロではなく、ノルウェー人が既存の政治システムを狙ったものではないかとも考えている They suspect that this is not terrorism, but a local variant aimed at the existing political system.」という。

[追記 BST 21:30]CNA 分析官である Will McCants (@will_mccants) によれば、アンサール・アル=ジハード・アル=アラミ、あるいは「世界的ジハードの助力者たち」が犯行を認めたという。New York Times が報じた。続報を待つ。BBC の情報によれば、この組織は今回の事件とは関係がない、とテロリズムの専門家は言った。

リンク

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑