ロシアのソトニコワがフィギュアスケート女子シングル戦でソチオリンピックの金メダルをとってから、その採点が公平であったか否かという点が議論になっている。「キム・ヨナの加点は異常だ」という話は以前からあったが、今度は「ソトニコワの加点は異常だ」という話になっていて、興味深い。

ソトニコワのコンビネーションジャンプ

ソトニコワのコンビネーションジャンプ (New York Times)

わたしがフィギュアの採点がいかにしてされるかについてきちんと理解しているとは言えないが、議論百出の中、New York Times の記事が面白かったので紹介する。

女子シングル・フリーのレギュレーション

まずは女子シングルのレギュレーションを確認しておこう。

ジャンプ

  • 7回まで
  • アクセルジャンプは必ず1回以上。2回転アクセルは2回まで。
  • コンビネーションジャンプ・ジャンプシークエンス3回まで(3連続ジャンプは1回のみ)。
  • 3回転・4回転ジャンプのうち、2種類だけを2回繰り返すことができる。そのうち1回は、必ずコンビネーション、またはシークエンスに組み込まれたジャンプであること。

スピン

  • 3回まで
  • コンビネーションスピン1回:足換え1回以上。合計10回転以上。
  • フライングスピン、もしくはフライングから入るスピン1回:6回転以上。
  • 単一姿勢でのスピン1回:6回転以上。
  • 3つとも異なる種類(異なる略記号)のスピンであること。

ステップシークエンス

  • 1回まで
  • リンク全面を使用すること、ジャンプを入れることも可。

コレオグラフィックシークエンス

  • 1回まで
  • ステップシークエンス後に行うこと。
  • あらゆる種類の動作で構成される(ステップ、ターン、スパイラル、イーグル等々)。
  • 少なくともスパイラルを1回含むこと。長さは任意。

フィギュアスケートにおける採点について云々する前にはまずこれを頭に入れておこう。
さて、以下がソトニコワとキム・ヨナの得点の差分である。

ソトニコワ > キム・ヨナ

エレメント ソトニコワ キム・ヨナ 差分
二回転-三回転コンビネーション 9.94 6.50 +3.44
フットワーク 5.60 4.44 +1.16
レイバックスピン 3.77 3.04 +0.73
三回転コンビネーション 8.43 7.83 +0.51
チェンジフットコンビネーションスピン 4.71 4.21 +0.50
トリプルサルコウ 5.82 5.52 +0.30
トリプルフリップ 6.80 6.50 +0.30
ダブルアクセル 4.70 4.42 +0.28
フライングコンビネーションスピン 4.56 4.43 +0.13

キム・ヨナ > ソトニコワ

エレメント ソトニコワ キム・ヨナ 差分
追加トリプル 6.70 7.60 +0.90
トリプルルッツ-トリプルトゥ 11.10 11.70 +0.60
スケート技術、演技構成 74.41 74.50 +0.90

こうしてみると、ほぼすべての要素に関して、ソトニコワがキム・ヨナよりも多く得点したことがわかる。

二回転 – 三回転コンビネーション

特に大きな差分を見せたのは二回転 – 三回転コンビネーションジャンプであるようだ。

キム・ヨナのコンビネーションジャンプ (New York Times)

キム・ヨナのコンビネーションジャンプ (New York Times)

これに関しては、以下のことがポイントとしてあげられている。

  • 基礎点の差異。ソトニコワがダブルアクセル (2.3点)・トリプルトゥ (4.1点) = 6.4点を飛んだのに対し、キム・ヨナはトリプルサルコウ (4.2点)・ダブルトゥ (1.4点) = 5.6点を飛んだ。
  • 出来栄えの良さ。ソトニコワは速度や高さ、流れをうまくこなしたが、キム・ヨナはジャンプ後減速した。
  • ソトニコワは後半にこのコンビネーションを持ってくることで基礎点をさらに +10% 追加した。

フットワーク及びレイバックスピン

両者のスピンの比較 (New York Times)

両者のスピンの比較 (New York Times)

また、フットワーク及びレイバックスピンにもかなりの差分が出た。これに関しては、以下の点が指摘されている。

  • 基礎点の差異。ソトニコワは難易度4 (2.7点) だったのに対して、キム・ヨナは難易度3 (2.4点) のレイバックスピンを廻った。また、ステップシークエンスに関しても、ソトニコワは難易度4 (8.0点) のものをこなしたのに対して、キム・ヨナは難易度3 (6.5点) であった。
  • 出来栄えの良さ。レイバックスピンでは、ソトニコワが速度と密度を維持したままポジションを変えていったため、審判は高い評価を下した。

それぞれの要素に関して、審判の判断が妥当なものであったかはともかくとして、仮にレイバックスピン及びステップシークエンスにおいてキム・ヨナが多く得点したとしても、上記の二回転 – 三回転コンビネーションジャンプにおける大きな得点差を覆すのは難しそうである。

なにはともあれ、各選手お疲れ様でした。