TagSociety

ソーシャルゲームはプロレフィードか

時は21世紀前半。我々は情報社会に生きている、と人は言う。インターネットは吾々の生を益々簡便なものにし、さまざまな障壁を取り払う。かつてある哲学者は資本こそが最も冷徹な地ならし屋だと考えたが、いま人々の生活世界を恐ろしいスピードで水平にしていくのは吾々をつなぐネットワークとそこで伝達される情報である。そして吾々は、それがよいことであるような気さえしているのだ。

けれども前世紀のおわりに楽観的な識者たちが夢見たようにインターネットが世界を益々民主的に変貌させていくということはない。たしかにソーシャルネットワークはトリポリで革命を起こしたかも知れないが、情報が資本と同じような差異の運動のさなかにその本質をもつというのならば、その自由な流通の結果発生するのは、情報を多く持っているものと少ししか持っていないものの格差なのではないか。

近年、情報強者と情報弱者という対立軸を耳にするようになった。グローバリゼーションの波にうまく乗った情報強者はインターネットを使いこなし自在に情報を摂取し編集するが、弱者は情報の海の中に溺れいまにも窒息するおそれすらある。或いはこれは日本的ガラパゴスにおいては PC を利用する層とガラケーを利用する層の二分化としても特徴付けられるかも知れない─その場合は後者は情報の波に触れてすらいないということにもなろう。

最近流行の所謂ソーシャルゲームを遊んでいるのは後者の人々であるという。曰く、グリーや DeNA の提供するゲームは、PC を利用して(情報強者によって)作られているにもかかわらず、情報弱者によって利用されている。六本木ヒルズで作成されたソーシャルゲームは、高速道路を走り回ることを生業とするトラックの運転手の左手で遊ばれているというのだ。

それがどれだけ本当かはわたしは知らない。けれども、「大衆のための娯楽」としてのソーシャルゲームが社会の特定の層によって遊ばれている、というのは、たしかに有り得そうな話ではある。少数の強者が多数の弱者のために大量の娯楽を生成し、売りつける。それは、はて、かつて様々に到来を予言されていた社会のいち構図ではなかったか。

ジョージ・オーウェルが「1984年」で描き出した社会には、プロレフィードという言葉がある。それはこの小説の舞台であるディストピアにおいて搾取される社会的階級、「プロレ」に対して支配者たる党から提供される小説や映画、音楽などのエンタテイメント一般を指し示している。必要な情報が与えられず、何が真理であるかが日々変更され、歴史が書き替えられ続けるこの社会において、プロレたちは党のインナー・サークルによって飼い慣らされ、愛国心を注入されて満足した生活を送っている。しかしこの言葉が示すとおり、党はプロレに供給されるこれらの娯楽を、彼らに与えるための「餌」とみなしている。党のアウター・サークルがインナー・サークルの機嫌を伺い忠誠を示すペットだとすれば、プロレは純然たる家畜として認識されているのである。

動物。まさしく党の標語は(かの有名な「戦争は平和である」の他に)「プロレと動物は自由である」というものであった。ポストモダンが到来したといわれて幾何かが経過した今日において、吾々はすっかり動物として生きることに慣れてしまったのであろうか。

いや、何を言っているのだ。吾々はイングソックの支配下に生きているわけでもないし、ソーシャルゲームを生産している会社が何らかの惡しき意図を持っているわけでもない。そこにあるのは純粋な利得計算だ。遊ぶ人間がいて始めてこのビジネスは成立しうるのであって、そこには全体主義的な意図など何もない。

それでも、歴史が終わった後に民主主義と資本主義が支配するこの世において、人々が自由に興じているはずのソーシャルゲームが、かつて全体主義的社会の象徴として恐れられたプロレフィードをどこかしら思わせるということは、何とも皮肉なことではないか、と思うのは、わたしだけではあるまい。

アメリカは哀しい社会であるな、という話

ひょんなことから「ソーシャル・ネットワーク」を見た。おそらくは見ないで終わるであろう、と思っていた映画であったので、少し驚いた。公開当時から話題になっていてはいたが、様々な方の寸評を見聞きして、まあ、わたしには関係のない物語に違いない、と感じたので、時間とお金を費やしてわざわざ見る、という気分にはならなかったのである。

けれどもどういうわけか、時間もお金もそう使わずに、向こうから見てくれとやってくることになった。具体的にいえば、と書こうと思ったが、まあ具体的にいう必要はあるまい。何はともあれ、DVDが我が家に、親しい友人と共にやってきた、と思ってくだされば良い。

そういうわけで男3人、膝つき合わせて映画を見た。ソファの上で友人が姿勢を変えるさまを横目で見ながらジェシー・アイゼンバーグ演ずるマーク・ザッカーバーグの貧乏揺すりを鑑賞したのである。

ジェシーはまさしくユダヤ系アメリカ人、という外見であると思う。声の響きから立ち振る舞いまで、本当に何から何までわたしのユダヤ系アメリカ人の友人とよく似ていた。というか、友人を見ている気分になった。ユダヤ人の男とアジア人の女、という話が劇中でもあったが、彼もまた東アジアの女性を好んだ。当時のわたしには良く理解できない性癖ではあったが、あれはアメリカ社会の何らかの構造を反映していたのかも知れない、等と考えながら、アイゼンバーグのあまり動かない表情を見つめていた。そのせいで多少感情移入して楽しむことができたようにも思う。

閑話休題、映画の感想である。結論から言えば思っていたよりも良かった。何も期待していなかったから、かも知れないが、様々な点で楽しめることが多かった。たとえばアメリカで女性として生きることはどういうことか、という点も考えさせられたし(「わたしはスカーフを巻くような類の女ではない」という強烈な主張や、自らを純粋なオブジェにまで加工することの出来るある意味での極地を見せつけられた)、マーク・ザッカーバーグはやはり非常なる凡人であるな、という感想から、このような人物が突如として億万長者になるということはいかなることか、ということをしばし考えたりした。

何よりも感じたのは、タイトルの通り、合衆国とは哀しい社會であるな、ということであった。劇中に登場する様々な人間─マーク、エドュアルド、ショーン─は、みな何かしら欠けているが、何に欠けているのかもわからないほどに、その欠落性に囚われているのではないか。彼らはことあるごとにパーティーを行うが、その熱狂は何かからの逃避であるようにしかわたしには見えなかった。

うむ、なるほど西洋社会の人間は、ことあるごとに寄り集まって酒を呑み、部屋を暗くして踊り明かす、という奇妙な風習を持っている。劇中にも出てきた台詞であるが、制御を失うことを何よりの目的にしているようである – everything will be out of control, you have to come and see how it goes! – それは日常があまりにも制御されすぎているからか?制御を失うために場をあつらえるとは、果たしてどういうことであるのだろうか?

等と考えているうちに劇中の審問は終わり、ザッカーバーグが独りパソコンの画面へと向き合う孤独なラストシーンが訪れる。はて、この映画は何を描きたかったのか?「億万長者となった彼は、しかしいまでもあのボストン大学のドイツ系の娘を愛していたのでした」という悲哀の物語か?「起業には様々な物語があり、成功者の背負うものも決して煌びやかな過去だけでは無い」という若者への警鐘か?

むろん解釈はひとつではない。映画には様々な見方があってしかるべきである。けれども、少なくともわたしには、この映画が、現代のアメリカに生きることの悲哀を描き出しているようにしか見えないのである。

© 2017 The Long Wait

Theme by Anders NorénUp ↑